総計: 1267515  今日: 23  昨日: 365       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
藻知藻愛(藻食文化を考える会)
日記
コラム
坂村真民先生の詩
もっと藻の話
マイクロアルジェ
 
 
 クロレラ 
 スピルリナ 
 デュナリエラ 
 円石藻 
 ノストック 
 ヘマトコッカス 
  自己紹介
    この稚拙なHPは誰の? と問い合わせがあったので・・・
  藻食文化を考える会
    藻食文化を考える会を立ち上げました
  講演会のお知らせ
    日本学術振興会181委員会
 「330000」を目指したいと思います!
「330000」
マイクロアルジェについて
  オゾン層はマイクロアルジェから生まれた
 

 二酸化炭素の大気だった地球に、藍藻によって酸素がもたらされました。個の酸素からオゾンができました。酸素が現在の大気に含まれる濃度の千分の一程度もあればオゾンができるといわれています。ということは、オゾン層は、藍藻によって生産された酸素が大気中に放出されてからかなり早い時期に作られ始めたと考えられます。

 オゾン層の出現により、太陽の有害な紫外線が遮断され、陸上に多くの生命が拡がってゆきました。

 マイクロアルジェの仲間がこの地球をのものを維持してきたといっても過言ではないと思います。

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 完成された生命体?
 次のテキスト: 35億年前から酸素を作っていた

 

EasyMagic Copyright (C) 2006 藻知藻愛(藻食文化を考える会). All rights reserved.